看護師

治療の基本は原因の遮断

カウンセリング

処方薬は多岐に渡る

過去に体験したトラウマや生活環境の変化、そして仕事で受けたストレスなど、うつ病には様々な原因があります。ですが治療方法も色々確立されているため、うつ病になった時は、しかるべき医療機関で治療を受けるのが正しい接し方です。もしも気分の落ち込みなど、メンタル的な症状が強い時は精神科を受診するのが基本で、メンタル面が原因で体調を崩している場合は、心療内科に掛かりましょう。また、病院では休養を十分に取るようすすめられる場合も多いですが、これは責任感がある方々ほど、うつ病を生じやすいためです。仕事や家事に従事している状態では、いつまた新たな原因を抱え込むか分かりませんから、うつの発症原因と離れることも大切な治療となっています。そのため、うつ病をキチンと治すには、たとえお勤めの場合でも、長期間仕事を休むことも重要な接し方です。そして精神科や心療内科では、うつ病の原因から完全に遮断した環境を整えるため、入院を提案してくれることもあります。入院とはいえ、基本的に手術などをする訳ではありませんので、病棟で規則正しい生活を送り、治療に専念するスタイルとなります。どれくらいの期間入院したり、仕事を休むかは、主治医の判断や相談して決めることが通例です。入院することでうつ病が良くなる傾向も多いので、通院で成果が出にくい時は、検討してみると良いでしょう。一方、うつ病は飲み薬によっても治療できますから、殆どの病院では薬を処方しつつ、治療を行ってくれます。とりわけ抗うつ剤は多彩なバリエーションがあり、投薬治療でもメインになる存在で、不安や抑うつ、ならびに焦燥感などを軽減してくれるのです。ただし薬によっては効果を実感するまで時間が必要なこともあるため、飲んでも効果が出ないからといって、独断で服用を止めるのは正しい接し方ではありません。服薬治療は医師の指示に従って続けるのが望ましい接し方ですので、副作用などが出た場合を除き、継続するようにしましょう。そのほか、一向に入眠できない方や、寝ても直ぐに目が覚めてしまう場合は、睡眠薬を処方してくれる病院も珍しくありません。さらに抗不安剤など、不安抑えに特化した薬もありますから、何か気になることがあれば、我慢せずに医師へ相談して、薬をもらってください。