看護師

患者との関わり方

病院

基礎知識と病院選び

うつ病とは、脳の神経細胞の異常が引き起こす病気です。激しい気分の落ち込みにより、場合によっては日常生活が困難になってしまうこともあります。主な原因は心身のストレスによるものだと言われていますが、うつ病には、まだまだ解明されていないこともたくさんあります。この病気は、闘病生活が長期化しがちで、また、症状も一進一退といった感じなため、患者も、家族を始めとする周りの人にとっても、とても辛いものがあります。また、うつ病に苦しんでいる人は、一見普通の健康体に見えてしまうため、周りの人々の理解を得るのが難しい側面を持っています。では、うつ病の人には、どのような接し方をしていけば良いのでしょうか。こちらが良かれと考えとった言動が、患者の負担になってしまうことも考えられますので、注意が必要です。うつ病の基礎知識があるのとないのとでは、こういった接し方ひとつとっても全然違ってくるので、一度勉強することをおすすめします。まず、私たちは、病気の人との接し方として、励ましてしまいがちですが、うつ病の人には、これが逆効果になってしまう場合が多々あります。決断を迫ったりするのも危険ですので、何か、決定事項がある場合は、こちらから導いてあげたり、決定をなるべく先送りにしてあげることです。うつ病の患者は、常に、したいこと、するべきことができないというジレンマと戦っていることを忘れてはいけません。次は、病院を選ぶときに気をつけたいことです。うつ病は、心の疾患ですので、医師は患者の心を観察し、診察します。医師が、患者との接し方を心得ていることは絶対条件ですが、人間ですから、一番重視したいのは、その患者とその医師との相性です。どんなに評判が良くても、自分との相性が合わない場合もあるでしょう。また、長期の治療になることも踏まえて、なるべく立地的にも通院しやすいところをおすすめします。うつ病は、早期発見と早期治療が早く完治するための近道です。精神疾患ということで、なんとなく病院に行きづらいと感じてしまったり、いざ、治療が始まっても、薬を飲むことに躊躇してしまうという話もよく聞きます。しかし、少しでもうつ病の疑いがある場合は、ひとりで悩むのではなく、専門家にきちんと診てもらうことを強くおすすめします。