大切な人のうつ病を早く改善させよう|周りの接し方が重要

大切な人がうつ病にその時あなたはどうしますか?
聴診器

病気による変化への対応

うつ病の回復をサポートしていくためには、周囲の病気への理解と正しい接し方が必要です。ただでさえ、気分の落ち込みが激しいわけですから、間違った対応で、本人のストレスとなり悪化させないよう互いに信頼関係を深められるような言動が大事になります。

男性

家族の対応のカギ

うつ病の治療や回復のためには、周囲のサポートが必要になります。特に身近な家族は、病気の症状により本人に何が起こるのかを理解し、その気持ちをきちんと汲み取る接し方を続けながらケアしていくことが非常に重要です。

レディ

気持ちの共有を

うつ病の疑いで専門機関を受診するのであれば、できる限り家族も同行することが大事です。それにより、必ず治るという安心と保証を与えるような接し方が可能になり、休養の必要をともに理解でき回復につながっていきます。

病院

患者との関わり方

うつ病とは精神疾患であるため、患者の周りの人も、接し方などいろいろと注意しなければなりません。うつ病に対する基礎知識を身につけることで、これらのことが分かるようになってきます。また、長期にわたる治療には病院選びも重要になってきます。

カウンセリング

治療の基本は原因の遮断

十分な休養は、うつ病との接し方では欠かせない要素であり、精神科や心療内科で治す場合でも治療の基本です。そのほか、病院では投薬治療も一般的となっており、数々の抗うつ剤や睡眠薬など、各患者の状態に合わせて多彩な薬を処方してくれます。

貴方に笑ってもらいたい

男の人

少し休憩しよう

うつ病の患者さんは、これまでに辛い事から逃げなかった人たちです。会社や学校を休んだりすれば楽だったけれど、真面目過ぎて頑張り過ぎてしまった人たち。心の風邪をひいてしまった、とよく言われますね。よく聞く接し方で、「頑張って」は禁句、と言われるのは、患者さんたちはもう十分頑張ってきたからです。少し、休憩させてあげましょう。1つ、例を挙げてみます。朝の出勤時に、うつ病の患者さんは「足が動かない」「起き上がれない」という状態になる事があります。それはセロトニンと言われる脳内物質が少なくなっていて、幸せを感じるアンテナが鈍くなっているからです。それは起きた時に一番少なく、時間が経つにつれ増えていきます。だから、もし「動けないので遅刻します」という電話があったとしたら、同僚の方はそれが怠けているわけでは無い事をわかってあげて下さい。接し方としては、「ゆっくり休んで。無理しなくていいからね」とやさしく声をかけてもらえるだけで、うつ病の患者さんは安心できるのです。動けなくなるほどではないケースでも、身の周りにもう1か月も暗く沈んでいる人がいたり、夜眠れていないらしい人がいたら、その人はうつ病にかかっているのかもしれません。うつ病は想像以上に身近な病気です。そんな時にできる接し方は、「何か辛い事があるのですか」と心を傾けてあげてもいいですし、「今度ご飯でもどうですか」と外に連れ出して同じ時間を共有してあげてもいいでしょう。軽い運動も効果があるとされていますから、2人で散歩したりするのも素敵ですね。うつ病は治る病気です。その為に必要なのは、病院に行って薬を飲む事だけでなく、周囲の人の理解とサポートです。「もう一度貴方に笑ってもらいたい」。そう考えながら、これまで頑張ってきた患者さんを労い、精一杯共感してあげて下さい。ただし、病気に引っ張られないよう、芯は強く持ったままで。「今までよく頑張ったね。ありがとう」「ちょっと一休みしたって大丈夫。人生は長いのだから」。接し方ひとつで、患者さんはぐっと快方に向かっていくのです。